薄毛になっている事を悟られたくないなら自毛植毛がおすすめ

hair transplantation

自毛植毛と運動に関する注意点

医療機関で手術を受けた後には、生活に関する様々な制約が生じる事になります。ケガをした後に手術を受ければ、あまり体を刺激しないように言われる事があるでしょう。それは、自毛植毛の手術も同様なのです。少なくとも運動などはちょっと注意を要するでしょう。
基本的に自毛植毛の手術後は、できる限り運動をしない方が無難です。なぜなら様々な悪影響が考えられるからです。それは他の手術とほぼ同じです。ただし運動を控えるべきとは言っても、それがずっと続く訳ではありません。基本的には最初の4日間がポイントになるのです。
4日目までは、できるだけ体を動かさないのが望ましいのですが、5日目から2週間目あたりはその限りではありません。ジョギング程度ならば、特に問題ない傾向があります。更に15日目以降などのタイミングならば、通常通り体を動かせるようになります。
言うまでもありませんが、体を動かすのも控えるべき理由は、頭皮に対する刺激が考えられるからです。手術を受けた後の頭皮はかなりデリケートな状態になっています。むやみに刺激を与えてしまいますと、何らかの大きな問題が生じる可能性はあるでしょう。運動は自毛植毛の注意点の1つと言えます。

自毛植毛の際の入院期間は何日程度か

医療機関で手術を受ける場合、ちょっと日数が気になってしまう事があります。現に手術によっては、入院を余儀なくされる事もあるのです。ケガをした時などは、数日がかりで入院する事もあるでしょう。それで数日ほどの入院が必要ですと、やはり生活に対しても多大な影響があります。できる限り、入院は避けたいと思う事もあるでしょう。
そして自毛植毛の手術を検討をする時にも、そういった考えが浮上する事はよくあるのです。結論を申し上げれば、その心配は基本的に無用です。なぜなら、大抵は1日ほどで完了するからです。自毛植毛の手術というのは、そこまで大掛かりなものではありません。
基本的には髪の毛をドナーに取った上で、希望箇所にそれを植え付けていく事になります。その作業が、数日ほどかかる訳でも無いのです。ですから、手術自体は日帰りになる傾向があります。また手術を受けた後に、もちろん経過なども見ていく必要があります。
その際も、自宅に帰る事は可能なのです。わざわざ病院に入って、しばらくベッドで寝込む必要もありません。このように日帰りで手術が完了する点は、自毛植毛の大きな特徴の1つと言えます。数日もの入院が必要でない以上、それほど生活に対する負担は大きくないとも言えるでしょう。

バレる確率が低い自毛植毛

髪の毛が少なくなってしまった後には、発覚が気になる事があります。薄毛を隠す為に、カツラなどを着用する事もあるでしょう。それで、不自然に見えてしまう事もある訳です。自毛植毛は、その発覚に関するメリットがあります。そもそも薄毛になった箇所は、一応はカツラでカバーするというやり方もあるのです。しかし色合いや質感などが、若干不自然に見えることもあるのです。
例えば一部分だけ黒くなっている状態です。髪の毛全体はやや白髪が混在していて、灰色に見える状態だとします。それで一部分だけ黒々としたカツラという状態もある訳です。もちろんそれでは、カツラを着用していると発覚してしまうでしょう。ところが自毛植毛は、その発覚率が極めて低いのです。
というのも自毛植毛は、自分の髪の毛を植え付ける事になりますが、一部分だけ色が変わってしまう事もありません。上記のように白髪が混在した状態は、移植された髪の毛も同様なのです。つまり自毛植毛された箇所も、他のパーツと同じ色合いになりますから、ばれる確率が低くなります。人によっては薄毛になっている事を、あまり悟られたくないと思う事もあるでしょう。そういう時はカツラというより、自毛植毛がおすすめです。

コンテンツ

自毛植毛の手術前後は飲酒と喫煙は控える

髪の毛というのは、非常にデリケートな一面があります。肌の一部という都合上、それなりに刺激には気を付ける必要があるのです。とりわけ自毛植毛の手術前後は、普段…

自毛植毛の1週間後に行う抜糸

病院にて手術を受けますと、縫合と呼ばれる処置が行われる事があります。特に移植をした時には、大抵それが行われるのです。自毛植毛のクリニックも同様です。そもそ…

ナチュラル感を出せる自毛植毛

薄毛は多くの方の大きな悩みとなっていらっしゃいます。薄毛の原因としては生活習慣や遺伝等さまざまとなっていますが、大きな要因となっているのが加齢による皮膚の…

クリニックを選ぶ為のカウンセリング

医療機関にて手術を受けるなら、やはり結果が大事です。せっかくお金を出して治療を受ける訳ですから、それなりの成果は期待するでしょう。現に病院によって、確かに…

TOP